新築マンションは注意

新築マンションのリスク

新築マンションで注意すべきこと

マンションに住むなら、新築がいいと思っている人に、ぜひ知っておいてほしいのが、新築ならではのリスクです。分譲マンションを購入した時に、よく問題になるのが、住み始めて数年たってから、ひび割れや傾きなどの住宅の欠陥が見つかるということです。築年数の長い物件なら、その時点で問題が起きていなければ安心と思えますが、年数の浅い物件は、万一に備えて、何か対策を考えておいたほうがいいでしょう。また賃貸の場合も、建築中に契約してしまうと、急いで入居させようと内装の細かい部分がきちんと終わっていない状態で入居させられてしまったというトラブルもあります。賃貸契約する場合は、すべての工事が終わって、室内はもちろんのこと、エントランスなどの共用スペースも、しっかりと自分の目で見て確認してから契約して下さい。

新築マンションで気を付けること

新築マンションに住むメリットは誰も住んでいない所に住める優越感があります。設備の最新のものばかりで最先端の環境で暮らす事が出来るでしょう。しかし、新築マンションに住むリスクも同時にあります。これからどんな入居者が集まってくるかもわからない他、前の入居者がいないので物件や周辺環境の使い勝手の良し悪しの判断がつかない事や分譲でも賃貸でも周辺相場よりも高い販売価格や家賃にはなってしまうでしょう。特に物件購入の際にはオーバーローンになる可能性も高く、きちんとした返済計画がないと手放すリスクも高まるでしょう。

↑PAGE TOP